なぜ!?肩こりや首こりになるのか?

こんにちは。志村坂上で肩こり、腰痛、骨盤のゆがみでお悩みならアトリエ整骨院への院長の原島です。

肩こりや腰痛など、どうして体は痛くなるのでしょう?

答え

非常にかんたんです。

悲鳴を上げている筋肉が関節に負担をかけているからです。

 

地球で生活する以上、体は常に重力の影響を常に受けています。

 

重力に対して正しく体が支えられなければ、体はゆがみます。

では、どんな条件なのか?

  • 正しく体を使っていない
  • 負荷をかけすぎ
  • 使い過ぎ

 

などにより、働きすぎた筋肉が疲れた時に「体に痛み」が出てきます。

じわりじわりと疲労が蓄積し、ある点を超えた時なので、ケガなどとは違い、「この時」と明確に言えず、「いつの間にか」痛くなってきたというのは、このためです。

また、症状(肩こりや腰痛など)が出るまで、どのように過ごしてきたかは人それぞれです。

 

実はあなたの肩こりや腰痛などの症状(=お体のお悩み)は今までのあなたの生活習慣が引き起こしたのです。

・肩こりの人は肩こりになるように体を使ってきた。

・腰痛の人は腰痛になるように体を使ってきた。

 

下の図をご覧ください。

頭は5~6キロあるので、ボーリングの11~13ポンドと同じくらいです。結構、重いんですよね。

ボーリングではどのボールを使っていますか?

 

このことをふまえて、お考えください。

このような姿勢を取った時には頭の重さを首や肩、背中の筋肉で支えることになります。

つまり、これこそが肩こりや腰痛の要因なのです。

この姿勢のまま長時間過ごしたり、片側ばかり使うことにより、頭の重さを筋肉で支え続けた結果、筋肉は疲労し、こり固まり、体にゆがみが生じます。

 

では、どのように対策するか?

  1. 骨盤を立てて座る。(胸を張ってすわると立てやすい)
  2. スマホは目線の高さにする。
  3. 時折、伸びをする。

簡単にざっくりと、書きましたが、こんなことを気をつけるだけでも体は楽になります。

 

在宅でパソコンを使う

背もたれを使わず、骨盤を立てて座る。机といすの高さも大切なポイントです。

また、書きます。

少しでも、あなたのお悩みが楽になれば幸いです。

 

うまく深呼吸できない、呼吸が浅いと感じたら、こちらもご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

肋骨のゆがみには肋骨矯正